france
フランス便り

アムールの国! フランス人のバレンタインテクニック

記事に関するキーワード:ライフスタイル フランス パリ 2月 恋愛

2月のイベント! そう、バレンタインデーです。日本では、女性たちがパートナーや家族への贈り物、義理で配るチョコレートの準備を始められる頃でしょうか? こちらのパリジェンヌといえば、なぁんにもしません(笑)。逆に、「バレンタインデーに何をいただけるのかしら?」と思っているくらい。フランスの男性は、大変です。

バレンタインデーのプレゼント事情

2月14日に愛の告白をする男子、今以上に愛を深めたい人、マダムのご機嫌を取るムッシュー。皆さんの想いはさまざまですが、フランスでは男性から女性へプレゼントを贈ります。日本では愛の告白とともに、チョコレートをプレゼントするというのが慣わしになっていますが、フランスではチョコレートはご家族や会社のみんなに送る品物なので、バレンタインでは贈る人は少ないんですよ。

バレンタインに女性に気に入ってもらえるプレゼントランキングのウェブサイトもあり、お花やアクセサリー、特別のディナー、本や観劇のプレゼントが一般的。セクシーな下着の贈りものもあるようで、この時期になると大人の男性が下着屋さんやデパートの下着売り場でお買い物をしている姿をよく見かけます。

唐突ですが、あなたのおばあ様がどんな下着をお召しかご存知ですか? こちらの年配のマダムは下着にもこだわりを持っていて、セクシーでラブリーなランジェリーをつけています。寝るときは、シュミゼットというスリップ型のナイティー1枚。もちろん、ご主人と同じベッドです。

ショーウィンドウにはセクシーなアイテムがずらり。

以前、友人宅で深夜までおしゃべりしていたら、彼女のおばあさまが「ちょっと失礼」とリビングルームを横切りました。そのお姿を見てビックリ! 足首までのシュミゼットに同じ生地の薄手のガウン。ショップのウィンドウで見たことがありますが、着ている人を見たのは初めて。でも、とても美しかったです。このナイティーはおじいさまからのプレゼントだとか……。夫婦円満の秘訣なんでしょうね。

愛情表現はたっぷりと!

こちらで、日本のテレビドラマを観ていますと、「えええっ?」と思うシーンがあります。長らく日本を離れて外人感覚になっているのでしょうか? 例えば、会いたくても複雑な理由でなかなか会えなかったカップルや親子の感動の再会、というシーン。こちらの感覚ですと、ガッチリ&ぎっしり抱き合い大声で泣く。これが普通なのですが(笑)、日本では、見つめるだけ、肩を叩くだけ。「それだけ?」と思ってしまいます。物足りない感じがします。

先日こんなこともありました。フランス人の友人が日本人家族の方にちょっとしたプレゼントを贈っていました。お父さん、お母さん、娘さんに気にいっていただけるようにとそれぞれ違うものを選んだそうです。プレゼントを渡すと「はーー」「ふうん」といって受け取ってくれたのですが、「メルシー」も「サンキュー」も無かったとか。

後日、彼女は「この反応はどういう意味なの?」「私なんか失礼なことをしてしまったのかしら?」とケンカゴシの訴え。その場にいなかった私は明解な返答はできませんでしたが、「嬉しかったけれど、たぶん……恥ずかしかったので何も言えなかったのだと思うよ」と日本人代表のように答えました。
「フランス人は、家で母親にお水を一杯もらったとしても、“メルシー・マモン”と言うように躾られているけどね」と落ち込んでしまいました。

文化の違いといってしまえばそれまでですが、外国人と会う際は分かりやすい反応をした方が、誤解が無いと思います。いや、外国人へだけでなく日本人同士ででも気持ちを伝える表現は、大げさでもいいくらいです。潤滑な人間関係にとって効果的なスパイスにもなるし、言われた方も悪い気はしないでしょ。

14日の聖人バレンタインの日。いつもよりオーバーに貴女の気持ちを表現してくださいね。幸せなアムールを!

記事に関するキーワード:ライフスタイル フランス パリ 2月 恋愛
ピックアップアイテム
男性への贈り物にも
取材協力 YOLLIKO SAITO 写真家

日本大学芸術学部写真学科卒業。広告制作会社勤務後フリーになる。現在、パリを基点としてヨーロッパ、アフリカなどで活躍。日本の女性誌、書籍、広告の他にアート作品の写真展をパリ、ベルリン、銀座で定期的に開催。ビオ、自然食、自然治療にも関心が強く、自他ともに認める「健康マニア」。自宅で栽培しているオーガニックハーブを使った料理をもてなしたり、ナチュラル・オーガニックコスメなどの美容情報にも精通。

あなたにオススメの記事