france
フランス便り

ヨーロッパの乾燥にも負けない! パリジェンヌたちの美肌作りの秘訣とは?

Bon jour !
こちら、まだ暗くて寒いパリです。

先日、日本から来たばかりの若いお嬢さんに質問されました。「こちらに来て、自慢の美肌とサラサラ髪の毛が、ガサガサになってしまい焦っています。ヨリコさん、テカテカしてますね。年配なのに(笑)」

カチンときましたが、平静を装い彼女の肌を拝見すると、顔全体が乾燥して、口の周りは、白く粉が吹いていました。髪の毛も、ご苦労なさっているの?と心配になるほどの乾燥感。そう、どんなに日本で美肌自慢の方もパリで暮らし始めたら、このようになるのです。
皆さんご存知のように、日本は軟水、ヨーロッパは硬水。これはカルシウムとマグネシウムの含有量なのですね。

私もパリに住みはじめた頃、彼女のような経験をしました。気づいたら全身ガサガサで、ふくらはぎは粉を吹くまでに…。パリに来て急に年をとったのかと思い、今まで使ったことのないクリームを使い始めましたが、パッとしません。そこで思い切って、皮膚科に行きました。強い薬が、処方されるのかと思いきや、お薬の見本として出てきたのが、そう、アベンヌソープとアベンヌ ウオーターだったのです!

原因は、洗いすぎと保湿の足りなさでした。ダブルクレンジングは、パリではダメ。固形石けんで、ゴシゴシ体を洗うのもダメだったのです…。油分を取り除きすぎて、表皮が悲鳴をあげていたのですね。マイルドな石けんで優しく洗い、余計なものの入っていないローションで保湿する。こんな日々を続けていると、次第に治ってきました。パリ在住何十年の先輩たちに、「あなたもやっとパリの水に慣れてきたのね」と言われ、ちょっぴり嬉しかったのを覚えています。

フランス人に肌のお手入れを聞くと、夜はクレンジング ウオーターでメークを拭き取り、ノーメークの日は、アベンヌ ウオーターを吹きかけてコットンで拭く。あとは、クリーム、ととってもシンプルです。以前は、クレンジングクリームやクレンジンミルクが主流でしたが、この頃は、クレンジング ウオーターを皆さん使っています。

特に肌が綺麗なパリジェンヌにお手入れを聞くと、アベンヌ ウオーターを常にシューシューしている人が多いような気がします。オフィスでイライラした時にシュー。夏のビーチでシュー。赤ちゃんや男性も使えるので、洗面所にボトルを置いているようです。おばあちゃんの家に行くと鏡台の上に見かけます。

スペシャルな保湿は、バスタブの中でするのがおすすめと、美肌のマダムが教えてくれました。エッセンシャルオイルやバスオイルを入れた浴槽に入り、洗顔後の肌に好みのオイルをたっぷりつけるのだそう。オイルはアルガンオイルやヘンプ、アーモンドオイル、アプリコットオイルなどの保湿力の高いもの。そして手に残ったオイルは、髪にも。音楽を聞きながら湯船に浸かり、ゆっくり全身をマッサージします。パリのマダムは、しばらく浴槽でリラックスしたら、そのままバスローブを纏うそうですが、日本人の私は、軽くでもシャワーを浴びないとスッキリしません。けれどもそれでも全身ツルツルピカピカに!

乾燥の季節、ラグジュアリー全身保湿法、いかがですか?

ピックアップアイテム
パリジェンヌの愛用品
取材協力 YOLLIKO SAITO 写真家

日本大学芸術学部写真学科卒業。広告制作会社勤務後フリーになる。現在、パリを基点としてヨーロッパ、アフリカなどで活躍。日本の女性誌、書籍、広告の他にアート作品の写真展をパリ、ベルリン、銀座で定期的に開催。ビオ、自然食、自然治療にも関心が強く、自他ともに認める「健康マニア」。自宅で栽培しているオーガニックハーブを使った料理をもてなしたり、ナチュラル・オーガニックコスメなどの美容情報にも精通。

あなたにオススメの記事