recipe
キレイのレシピ

便秘の方にオススメ! わかめときくらげのさっぱり炒め

記事に関するキーワード:旬レシピ 5月 エイジングケア 便秘

海藻の中でも特に美容効果の高い食材といわれる、わかめ。特に食物繊維が豊富で、水溶性と不溶性、両方の食物繊維をたくさん含んでいます。水溶性の食物繊維には、塩分と結びついて排出する作用や体内に入った有害物質も排出する働きがあります。不溶性の食物繊維は、消化もされず、腸の中で水分を含んでふくらみ、腸を刺激して蠕動運動(ぜんどううんどう:収縮運動で、食物を運ぶ動きのこと)を促します。わかめは、まさに便秘の人にはぴったりの食材なのです。

他には、新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモン生成を促してくれるヨードや、人間の生理的機能の働きを正常に保つサポートをするミネラルも豊富です。ビタミンの中では、ビタミンAも。ビタミンAは油と一緒に摂ることで吸収されやすくなる為、お味噌汁やサラダ、酢の物だけではなく今回のような油を使った炒めものもおすすめです。他にはビタミンB、Cも含まれていて、皮膚の再生やアンチエイジングにもぴったりの食材ですね。

わかめときくらげのさっぱり炒め 調理時間 20分

わかめ(塩蔵)・・・50g
きくらげ・・・80g
玉ねぎ・・・1/2個

生姜・・・1片

ごま油・・・大さじ1.5
日本酒・・・大さじ1
醤油・・・小さじ1
塩・・・小さじ1/2
粗びき胡椒・・・少々

(1)わかめは流水で洗い水に1~2分さらしてからしっかり水気を絞り食べやすい大きさに切る。きくらげは水に15分~20分浸して戻し、石づきの固い部分を取り除き1cm幅に切る。玉ねぎは1cm幅のくし切りにする。生姜は千切りにする。
(2)フライパンにごま油と①の生姜、塩を入れて火にかける。油が温まり生姜の香りがしてきたら(1)の玉ねぎを加えてしんなりするまで炒める。きくらげを加えて1~2分炒めて
わかめも加えてまんべんなく油全体になじむように炒める。
(3)(2)に日本酒を回しかけ強火で炒め鍋肌から醤油を回し入れる。最後に粗びき胡椒をふる。

text: Keiko Eguchi
photo: Hidehiro Yamada

記事に関するキーワード:旬レシピ 5月 エイジングケア 便秘
取材協力 江口 恵子(えぐち けいこ) インテリア&フードスタイリスト

「pen」「オレンジぺージ」「saita」他女性人気雑誌をはじめ、広告、Web等でインテリアから料理まで、暮らしまわりのスタイリングと提案を行う。ケータリング、予約制カフェ・レストラン、料理教室を柱とした“ナチュラルフードクッキング”を主宰し、幅広く活躍中。

あなたにオススメの記事