schedule
肌スケジュール

こんな使い方も!? ウオーターミストの意外で便利な活用術

寒さが厳しくなる季節は、乾燥対策が必須。うるおいのあるプルプルのお肌を目指すなら、今こそしっかりお手入れを! 肌トラブルを防ぎながら、プルプルの肌になれる簡単ケア法を美容愛好家の野毛まゆりさんに教えていただきました。

冬の肌トラブル「乾燥」は油断大敵!

寒さが厳しくなると、肌の乾燥が気になりますよね。バリア機能が乱れるため、肌がカサカサした状態に。人によってはかぶれなどの症状を引き起こすことも。一方で、肌が硬くなるとうるおいが浸透しにくくなるため、肌がベタつくという困った悩みも。メークのノリが悪いのも、実は乾燥が原因であることも多いのです。思いもよらぬ肌トラブルを起こさないためにも、保湿ケアはしっかり行ないましょう。

とくに、洗顔後の化粧水をまんべんなく肌に行きわたらせるために、まずはウオータースプレーで肌を落ち着かせてみては? そのあとに使用する化粧水も入りやすくなりますよ。

ウオータースプレーの活用術って?

水が主成分のウオータースプレーは肌を整える機能だけでなく、いろいろな活用ができます。乾燥しがちなオフィスでは、空中でひと吹きして降り注ぐミストを浴びれば加湿器代わりに。風邪を引きやすい赤ちゃんや小さなお子さんにもおすすめですよ。

ブースター効果も

化粧品を使用する前に、プレローションとして肌全体にスプレーしてください。次に使う化粧品のなじみ良くし、より効果を引き出してくれますよ。

風邪予防

この時期、風邪予防対策として活用することをおすすめします。マスクを着用する際、マスクの外側に「シュッ!」とひと吹きすれば湿度で風邪菌を寄せつけにくくなります。マスクの内側にかけておくと、同じく湿度で肌そのものが乾燥しにくくなりますよ。

さらに、ミントやユーカリの精油をマスクに1〜2滴落とすと、鼻やのどの予防に。花粉症対策にもいいですよ。

かぶれ対策

コットンを使ってお手入れをする場合、コンディションによってはコットンの摩擦で肌が荒れたり、かぶれてしまうケースも見受けられます。

コットンにウオータースプレーを吹きかけてから化粧水をコットンにつけてお手入れするとかぶれにくくなります。過敏症の方も含め、風邪をひいて熱っぽい(or病み上がり)、肌の調子が悪いときなどに試してみてください。肌トラブルが軽減できます。

メークのお直しに

外出先でメークのお直しをする場合にも役立ちます。スプレーした後にティシュで軽く顔を押さえると、余分な皮脂も一緒に取れるので肌表面もさっぱりします。脂とり紙ほど皮脂を取り去ることもなく、うるおいも保ちます。そのあと、ファンデーションを塗れば、化粧崩れの防止に。

ヘアスタイリングにも

毛先など乾きやすい部分にミストして、手でほぐしながら馴染ませます。そのあと、スタイリング剤を使うと、髪がまとまりやすくなります。もちろん、外出先でもスプレーしましょう。

1本持っていると重宝するウオータースプレー。乾燥知らずのぷるぷる肌で、寒い冬を乗り切りましょう。

ピックアップアイテム
いろいろ使えるウオーターミストはこちら
取材協力 野毛 まゆり(のげ まゆり) 美容愛好家

外資系化粧品会社の販売・教育トレーナー、広報PRを経て独立。美容業会30余年のキャリア持ち、雑誌、テレビ、ラジオなどで活躍。著書に『美しいものを売るために大切なこと』(WAVE出版)がある。

あなたにオススメの記事