schedule
肌スケジュール

2016年はコレがくる!? NEXTスーパーフード5選

モデルやセレブたちのビューティアイテムだったスーパーフードも、今ではすっかり私たちの暮らしに定着。ココナッツオイルやアサイーなど、みなさんもきっと、ひとつは取り入れたことがあるのではないでしょうか? そんなスーパーフードですが、じつは今日本で知られているのは、ほんの一部。スーパーフード先進国のアメリカでは、私たちの知らない美と健康に嬉しい食材がもっともっとたくさんあるんです!

そこで今回は、2016年に流行りそうな、注目のスーパーフードを5つピックアップ。ひと足早く取り入れて、周りのみんなよりもキレイを一歩リードさせましょう!

低GI、高タンパク、食物繊維たっぷり!「フリーカ」

東地中海や中東で古くから伝わる自然食材。小麦が青い頃に収穫した「青麦」をローストして乾燥させてつくられます。食物繊維は玄米の4倍、キヌアの2倍。しかも、ビタミン・ミネラル・タンパク質が豊富で、おまけに低GIと、とにかく栄養価が高いのが特徴です。水を加えてお鍋で炊いたり、白米と混ぜて炊飯器で炊いたりと、調理法がシンプルなのも魅力。プチプチとした食感が楽しく、また和食に合う味わいなので、きっと無理なく続けられるはずです。

スプーン1杯で栄養バランスばっちり!「ヘンプシード」

ヘンプシードとは、中央アジア原産の麻から採れる実のこと。スプーン一杯に、良質なたんぱく質、必須脂肪酸、必須アミノ酸、鉄・銅・亜鉛・ビタミン、ミネラル、食物繊維など、健やかな体づくりに欠かせない栄養素がすべて豊富に含まれている「これぞまさにスーパーフード!」な食材です。

特に注目したいのは、必須脂肪酸であるオメガ6&3を黄金バランスで含んでいること。必須脂肪酸は外から取り入れないと不足してしまううえ、オメガ6と3をバランスよく取り入れることが重要。ところが、ヘンプシードは体が必要としている必須脂肪酸の割合をそのまま持ち合わせているので、毎日の食事にプラスするだけで効率良く健康的なカラダを目指せるのが嬉しいですね。熱に弱いので、サラダにかけたり、和え物や器によそったスープに混ぜたりしていただきましょう。

アクティブに過ごしたい人のパワー源に「ビーポーレン」

アメリカやヨーロッパでは、すでに健康&美容効果に優れた自然食品として人気の「ビーポーレン」。これは、ミツバチが花から集めた天然花粉の粒のこと。ミツバチは、女王蜂や自分たちの越冬のために、花粉をできるかぎりたくさん巣に持ち帰れるよう、体内から分泌される酵素を花粉にからめてキューブ状にするのだそう。

そんな植物の命の源である花粉をぎゅっと凝縮した「ビーポーレン」は、バランスのとれた栄養素の宝庫。23種類のアミノ酸や28種類のミネラル、各種ビタミン、マグネシウム、鉄、亜鉛が豊富に含まれているので、ビューティにはもちろん、毎日をアクティブに過ごしたい人におすすめ。味はほのかに甘くてほろ苦く、わずかにハーブのような風味も。ティースプーン半分〜一杯をスムージーやヨーグルト、シリアルなどにまぜていただくのが定番。ハチミツやココナッツオイルと混ぜてトーストに塗っていただくもの美味しいですよ。

豊富なビタミンで美と健康をサポート「ゴールデンベリー」

「ゴールデンベリー」は、食用のほおずきの一種。日本ではほおずきを食べる習慣はありませんが、南米ではインカ帝国が栄えていた時代から栽培され、当時から貴重な栄養源として愛されてきたそうです。気になる中身は、ビタミンA、B、Cのほか、バイオフラボノイドとも呼ばれるビタミンPなど、とにかくビタミンがいっぱい!

さらに必須アミノ酸や食物繊維、抗酸化物質にタンパク質と健やかさをサポートする嬉しい栄養分がぎっしり詰まっているので、元気とキレイの底上げや、デトックス、免疫力UPが期待できます。そのままおやつがわりにできるくらい美味しい、ジューシーで酸味のある味わいは、シリアルやスムージー、お茶に加えてアレンジするのもおすすめです。

甘くて美味しいのに低カロリー&低GI!「ルクマ」

海外ではすでに人気の「ルクマ」は、ペルー原産の果実。インカ時代の神話にも登場するほど古い歴史をもち、栄養価が高いことから「聖なる果実」と呼ばれています。主な栄養素は、βカロテン、ビタミン、ミネラルなど。特に抗酸化物質をとても豊富に含んでいるため、美と健康に役立ちます。

また、甘くまったりとしたキャラメルのような美味しさは、原産国ペルーではアイスクリームのフレーバーになるほど大人気。それなのに、低GIだからダイエット中でもカロリーや血糖値を上げることなく甘味を増すことができます。加熱してもOKなのも嬉しい魅力。お料理やスイーツづくりにドンドン活用しましょう!

必須脂肪酸や食物繊維、抗酸化物質、ビタミンなど、すべてを毎日の食事で補うのはやっぱり大変。だからこそ、栄養満点のスーパーフードを味方につけておけば、外食続きの時も偏食がちな人も、無理せず賢く健康なカラダをキープしやすくなるはずです。世界を見渡せば、栄養満点のスーパーフードはまだまだたくさん。次々に発掘されるスーパーフード、楽しみながらキレイと元気を手に入れてくださいね。

photo: Hidehiro Yamada

ピックアップアイテム
スーパーフードのように自然のチカラで肌を守る!
あなたにオススメの記事