schedule
肌スケジュール

迫り来る“木枯らし1号”を迎え撃つ!秋こそBBクリームが必要な理由

記事に関するキーワード:保湿 乾燥 10月 敏感肌 紫外線 メーク カサカサ

秋は肌の調子を狂わせる要因がたくさんありますが、意外と知られていないのが“木枯らし1号”との関係。普通の風よりも強く乾いた空気のため、肌の乾燥を感じやすくなるのだとか。美肌づくりのエキスパートであり、気象予報士の資格を持つ大貫未記さんに、天気や気象が女性の肌や体に与える影響、そしてこの時期の賢いスキンケア法をレクチャーしていただきました。

“夏のダメージのなごり×木枯らし1号”で肌の乾燥が加速!?

「木枯らし1号とは、10月半ばから11月末の間に初めて吹く毎秒8メートル以上の北寄りの風のこと。ただ風力が強いだけでなく、とても空気が乾いているため、肌からうるおいを奪ってしまいやすい風とも言えます。夏を戦い抜いたこの時期の肌は、紫外線の影響でただでさえバリア機能が乱れがちで、肌のうるおいをキープするのが難しい状態なので要注意!」と大貫さん。冬に向かって肌の乾燥を加速させないよう、この時期はいつも以上に、保湿に力を入れたお手入れを心がけたいですね。

木枯らしに負けないうるおい肌をキープするには?

空気の乾燥が進むとは言え、まだまだ過ごしやすい季節。真冬さながらの本格的な保湿ケアを実践できている人は少ないかもしれません。しかし、この認識の甘さこそが美肌の落とし穴! このタイミングでしっかりとうるおいをチャージしておくことが、冬に向かって乾燥を加速させないためのカギになると大貫さんは力説します。

「秋に入ったら、一刻も速くうるおい補給を徹底すべき。肌のカサつきを自覚してから保湿をがんばるのではなく、乾く前に予防的に保湿に力を入れることがとても大切です。たとえば、乳液だけで終わらせずクリームもプラスする、週1~2回保湿マスクを組み込む、もし化粧品を使い切って買い足すタイミングなら、より高保湿のものにスイッチする、といった工夫が必要。

また、木枯らし一号など乾いた風から肌を守るために、BBクリームなど肌をガードするようなアイテムに頼ってみるのもおすすめです。紫外線対策は年中行事なので、UVカット効果があるものを選べば、より安心ですね」(大貫さん)

肌想いのBBクリームは、木枯らしシーズンの頼もしい味方!

乾燥が気になる時は、キメが乱れがちでメークのりもイマイチ。肌に余計な負担をかけたくないというのもあって、ベースメークをするのに憂鬱な気持ちになる人も少なくありません。そうは言っても、シミやくすみ、赤みなど、目に見える肌悩みは隠したい。そんな時にこそ頼りになるのがBBクリームなんです。

「秋の肌は、夏に浴びた紫外線の影響でターンオーバーが乱れがちで、ただでさえデリケートになっているのに、そこに乾燥が加わってしまえば、さらに肌悩みが深刻になる可能性があります。そんな時はベースメークを避けたくなるから、肌が不安定な時でも健やかな美肌を演出できるBBクリームは重宝するはず。特に敏感肌対応のものを使うといいかもしれませんね」(大貫さん)

敏感肌ケアのエキスパート・アベンヌ生まれのBBクリームが誕生!

肌の乾燥や刺激がいつも以上に気になる季節にぴったりの、敏感肌対応BBクリーム「デイプロテクター BB」がこの秋誕生。敏感肌ケアのエキスパートブランドならではの、心地良さと頼もしさへのこだわりがたくさん詰まっています。

(1)保湿から色ムラカバーまでこなす1本5役のシンプルケア設計

ひと塗りで保湿、UVカット、化粧下地、ファンデーション、色ムラカバーの5役をこなすシンプルケアを実現。しかも、アベンヌの宝「深層ミネラル温泉水」を配合しているので、毎日メークに使うたび、自然のチカラで素肌そのものの美しさも目指せます。時短にこだわるワーママさんや、ケアをシンプルにしたい人にもおすすめです。

(2)低刺激処方で紫外線A波・B波をブロック

肌に優しい3種の紫外線防止剤を組み合わせた“UVカットコンプレックス”を搭載。低刺激処方にこだわりながら、SPF30・PA+++という高い紫外線防御効果を実現しました。肌の深層にまで届いてシワやたるみを引き起こす紫外線A波と、炎症やシミ・そばかす、乾燥の原因となる紫外線B波から、敏感な肌をしっかりと守ります。

(3)“涙の保水システム”で乾燥や外的刺激を寄せ付けない

砂漠のように乾燥した環境下でもうるおいで角膜を守る“涙の保水システム”を応用。涙に似た成分で角層をうるおいで満たし、バリア機能を安定させることで、紫外線や乾燥など外的刺激を受けやすい肌をサポート。

(4)優しさにこだわりながら気になる色ムラを瞬時にカバー

肌に負担をかけずカバー力を叶えるため、光の屈折で自然に色ムラをカバーする2種のキラキラパールを配合しました。くすみ肌には紫っぽく反射するパールが、シミやそばかすは赤褐色パールが対応。2色のパールが肌の上で光を受けて反射することで、薄づきでも素肌のように自然な肌仕上がりを叶えます。さらに、板状粉末の表面を毛羽立たせたミネラルピグメントもプラス。光を乱反射させ気になる肌の赤みや毛穴、色ムラをカムフラージュして自然なツヤ肌を演出します。

大貫さん
「ベースメークとは思えないほどのうるおい感。しかも、そのしっとり感がずっと続くので、日中に乾きを感じにくいのもいいですね。しかも、秋冬の紫外線対策としては十分なSPF値、PA値なのも助かります。
肌が過敏な人もそうでない人も、アベンヌのBBクリームなら肌には安心!という気持ちで、不安になることなく使えるのがいいですね。特に肌がデリケートな人ほど、ファンデーションばっちりのメークを敬遠する人が多いので、肌を自然にキレイに見せつつ安心して使えるBBクリームの登場は絶対にうれしいはず。
肌が過敏な人はもちろん、過敏でなくても、肌の乾きが気になる人に心強い一品だと思います。」

美肌でいたいけれど、肌に負担をかけたくない。そんな乾燥&敏感肌に悩む女性の気持ちを汲み取ってくれる、イザという時にそばにおいておきたいお守りのようなアイテム。ベースメークの主役にして、木枯らしに負けない、しっとり艶やかな美肌印象をキープしましょう!

記事に関するキーワード:保湿 乾燥 10月 敏感肌 紫外線 メーク カサカサ
ピックアップアイテム
肌が敏感になる秋でも安心、ベースメークアイテムはこちら
取材協力 大貫未記 All About「スキンケア」ガイド

美容ライター・気象予報士・健康気象アドバイザー。化粧品メーカーやドクターを取材するうち、女性の肌や体が天気の影響を受けていることを痛感して、2003年に気象予報士の資格を取得。天気や気象が女性の肌や体に与える影響など、天気の観点からも美容を語れる稀有な存在。

あなたにオススメの記事