schedule
肌スケジュール

この時期、湿度が急降下! カラカラ乾燥肌と決別する方法

記事に関するキーワード:スキンケア 保湿 11月 乾燥 敏感肌

季節は一気に冬モードへ。しのぎやすくなってホッとするのもつかの間、カラカラに乾いた空気に肌の調子がゆらいで困っている人も多いのでは? こんな時こそ頼りになるのが、うるおいを集中的に送り込めるマスク。特にクリームタイプのマスクは、乾燥・敏感肌の冬コスメとして重宝するアイテムなのだそう! 乾燥シーズンのお手入れのコツ、クリームマスクの魅力について、美容エディターの藤井優美さんが解説します。

バリア機能を高めたいならマスクが不可欠

「そもそも敏感肌はバリア機能が弱く、角層から水分が蒸散しやすいため、普通肌に比べると、どうしてもうるおいを留めておく力が弱くなる」と藤井さん。しかも、乾燥や紫外線など外的刺激を受けやすく、乾燥スパイラルに陥りがちなので日頃のケアはいつも以上に気をつけるべきと力説します。

「特にこれからの季節は、気温が下がり、湿度が低下するため肌がより乾燥し、敏感度が助長されがち。当然、保湿力と優しさを両立したアイテムを使ってケアすることはマストになります。それだけでも肌のコンディションは保ちやすくなるはずですが、バリア機能を強化する意味でも、ぜひプラスワンしていただきたいのがマスクによるスペシャルケア。乾燥が気になる季節でもうるおいをキープしやすくなるんです」

敏感肌のマスクは、シートよりクリーム!

肌を一気にうるおいで満たせるマスクは、スペシャルケアの定番アイテム。どうしてもシートタイプに目がいきがちですが、敏感肌にはクリームタイプがおすすめなのだとか。

「敏感肌の人は、シートマスクの素材によっては、それ自体が刺激になってしまう場合も。また、うっかり所定の時間を超えてつけっぱなしにしてしまうと、逆にシートのほうへ肌のうるおいが取られてしまうので、マスク時間には気をつけたいところ。そういう意味では、クリームタイプは敏感肌にベストなスペシャルケアアイテム。肌にムラなくピタッと密着させることができるので、隙のない保湿ケアが可能です。また、うるおいレベルに合わせてマスクの厚みを調整できるところもシートタイプにはない特徴ですね」

使い方次第でうるおい実感倍増! クリームマスク活用術

使う量やつけ方を自分好みにアレンジできるのもクリームマスクの大きな魅力。

「お風呂の湯気や肌体温の上昇を利用すると、なじみが良くなり、よりうるおい実感がアップ。そのまま洗い流せてラクなのでマスクをのせながら入浴するのもアリですが、汗でマスクが流れ落ちることもあるので、基本的にはお風呂あがりに使うのがおすすめ。肌の温度が上がり、ほんのり水気を含んでいる状態なので、肌の発汗によるスチーム効果とあいまって、ふっくらとした柔らかな肌をキープしやすくなりますよ」

敏感肌におすすめ! 秋の最新クリームマスク

アベンヌ モイスチャー クリームマスク 49g ¥2,800

この秋誕生したアベンヌの「モイスチャー クリームマスク」は、アベンヌ温泉水と植物由来のエモリエント成分を配合。時短アイテムとしてもオススメの、クリームタイプのマスクです。

(1)たっぷりのアベンヌ温泉水で、しっとりもちもち!

しっとりもちもちとした実感の秘密は、南仏アベンヌの“深層ミネラル温泉水”である、アベンヌ温泉水。アベンヌ温泉水には、美肌のために必要なカルシウムやマグネシウム、二酸化ケイ素といったミネラルを理想的なバランスで保つ「アベンヌ ミネラルバランス」と、ペプチドやアミノ酸、糖類といったアベンヌ温泉水のピュアな水質のもとでしか見られない物質を組み合わせた複合体「アベンヌ バイオコンプレックス」が肌に嬉しい黄金バランスで含まれています。この人工的につくることのできない自然の恵みが、肌を穏やかに整え、ツヤのある滑らかな状態へと導くのです。

(2)キメがなめらかに整って、化粧のりアップ!

クリームが肌にすき間なくフィットして、水分蒸散をブロック。アベンヌ温泉水と植物由来のエモリエント成分を肌の奥までしっかりと送り込み、うるおいを長時間キープします。角層のすみずみまで豊かなうるおいで満たされるため、キメがふっくらと整い、化粧のりの良いしっとり滑らかな肌に。

(3)クリームタイプだから肌に優しく、笑っても剥がれない

軽くソフトなクリームタイプだから、肌に負担をかけません。しかも肌に塗るものなので、家事をしながらでも、大笑いしても、塗りっぱなしで寝てしまっても剥がれる心配がないのも魅力です。

藤井さん
「何よりの魅力は、これまでのクリームタイプのマスクの概念を覆すようなソフトなテクスチャー。ライトクリームのようにスルスルと広がり、肌にピタッとフィットします。重ね塗りしても、先に塗った部分をこそげ取ってしまうことなくラクに重ねられるのも◎。敏感肌のために考え抜かれた嬉しいテクスチャーですね。マスク後の効果は歴然! あきらかにうるおいがチャージされ、ふっくらしたハリと、しっとりとしたツヤが生まれたよう。つけた翌朝に嬉しい実感があるので、このマスクを習慣にすれば、過酷な冬の乾燥にも負けないうるおい肌でいられそうです」

肌全体に塗布したあと、特に乾燥している部分はクリームが透明になります。顔のどの部分がより乾燥しやすいのかが一目瞭然なので、隙のないワンランク上の保湿ケアが叶います。洗い流しても、拭き取ってもOK。肌のうるおいコンディションに合わせて使い方をアレンジしながら、乾燥しらずのしっとりもちもち美肌を目指してくださいね。

記事に関するキーワード:スキンケア 保湿 11月 乾燥 敏感肌
ピックアップアイテム
肌の乾燥が気になる秋、もちもち美肌を目指すなら
取材協力 藤井 優美 美容エディター

美容業界歴25年。美容専門編集プロダクション「dis-moi」主宰。美容専門誌、女性誌の美容記事の企画・制作・執筆をはじめ、コメンテーターやアドバイザー、セミナー講師として活動。元エステティシャンという経歴を生かし、コスメ開発やエステアドバイスも行う。

あなたにオススメの記事