schedule
肌スケジュール

赤みブラウンな目元で旬の秋メーク

記事に関するキーワード:トレンド 10月 メーク コスメ 印象

季節に応じて洋服を衣替えするのと同じように、メークも季節に応じてシフトチェンジするのが大人の女性のたしなみ。この秋は、鮮やかな紅葉とリンクするような赤みブラウンが旬。いつものメークをちょこっと変えるだけで、一気にトレンド感がアップするメークのコツを、ヘア&メーキャップアーティストのレイナさんに伺いました。

この秋トライしたいのは、赤みブラウンアイが主役のメーク

今年の秋冬は、ヴィンテージライクな柄ワンピースや、チェック柄などがファッショントレンドとして注目を集めています。そんなファッショントレンドと呼応するようにメークでぜひ手にしたいのが、赤みのあるブラウン色。

「レンガ色のような赤みブラウンは、一見すると難しそうなイメージですが、目元に血色感を宿してくれ、女性らしく見せてくれる万能カラーです」とレイナさん。「赤みブラウンメーク成功の秘訣は、チークとリップにも同じようなこっくりとしたレンガ色を選ぶこと。そうすることでメーク全体にまとまり感と温もりが生まれ、秋らしい温かみのある印象に仕上がります」

下まぶたにもシャドウを広げて目ぢからアップ

アイシャドウは、指塗りがオススメというレイナさん。
「きちんと感を出したい時には、ブラシやチップなどを使ったほうが良いですが、カジュアルなトレンド顔に仕上げる場合には、指塗りのほうがラフに仕上がります。またアイシャドウがまぶたにフィットするので、自然で崩れにくいというメリットも。一番明るい色をまぶた全体に塗り、眼球の膨らみ部分に中間の色、二重の幅に沿うように一番濃い色を乗せましょう。そうすることで自然なグラデーションになり、目元に奥行きが生まれます」

「また、下まぶたにもアイシャドウチップの先端を使い、赤みブラウンをうっすらとなじませましょう。下まつげがボリュームアップして見え、目元の印象が強まります」(レイナさん)

グラデーションにより目元に奥行きが出るため、眉毛はパウダーなどでふんわりと太めに、まつげは黒のマスカラを上下に塗ってボリュームを出すと、目まわりに女性らしさと強さが宿ります。

頬と唇は指で

リップとチークも目元とリンクするようなレンガ色を合わせるのがトータルで印象的なメークに仕上げるポイント、とレイナさん。
「選びたいのは、クリームタイプのチーク。骨格を際立たせるようなイメージで、頬骨にそって指塗りでなじませましょう。また唇も指塗りがオススメです。この秋はソフトマットな口元が旬。指で口紅を塗ることで、ツヤを抑えることができます」。トントンと唇を染めるようなイメージで指塗りすると自然な仕上がりに。

トレンドアイテムを上手に使いこなすポイントは、主役にしたいパーツや色を決め、それに合わせるように他のパーツもコーディネートしていくこと。今回はアイシャドウを主役にチークやリップのカラーを合わせていきましたが、コツさえつかめば、リップを主役にしてチークやアイシャドウをコーディネートすることも可能です。メークは失敗しても、落とせば元の顔に戻れるおしゃれです。ぜひこの秋はトレンドカラーを取り入れて、メークのおしゃれを楽しんでみてくださいね。

ニット(スカートセット価格)¥14000/BE RADIANCE イヤリング¥10000/ヴァンドームブティック(ヴァンドームヤマダ)

問い合わせ
BE RADIANCE 03-3372-8174 ヴァンドームヤマダ03-3470-4061

Hair&Make:REINA
Photo:Hidehiro Yamada
Styling:Ayako Sakuma
Model:MIYAKO
Text:Mika Hatanaka

記事に関するキーワード:トレンド 10月 メーク コスメ 印象
ピックアップアイテム
秋の肌作りには
取材協力 レイナ ヘア&メーキャップアーティスト

女優やタレントのみならず、文化人・一般女性まで、その人らしさを生かしつつ、隠れた魅力を引き出すことを得意とし、雑誌などのほか、メークイベントへの出演、化粧品会社の製品開発のアドバイス等、さまざまな分野で活動。メイクアップサロンCrystalline(クリスタリン)を主宰し、完全予約制にてプライベートメークレッスンのほか、グループレッスンなども行う。

あなたにオススメの記事