schedule
肌スケジュール

思わずお腹がなっちゃう♪ 読んで美味しいグルメマンガ5選

記事に関するキーワード:トレンド 10月 エンタメ 食生活 カルチャー

何を食べても美味しい秋。食欲のままに食べ続けてしまうと、いつの間にか服のウエストがパンパンに……なんてことになってしまうけれど、空想の世界なら大丈夫! そう、グルメマンガなら、太ることを気にせずに、実際にはなかなかお目にかかることのできないごちそうを脳内で思う存分味わえるので、溢れる食欲をきっと満たしてくれるはず。そこで今回は、食欲の秋に読みたい、とっておきのグルメマンガをトゥ・ディファクト阪田さんが厳選。想像しただけで幸せになる、美味しい5冊をご紹介します。

対局中の将棋飯から漫画家のまかない飯まで…ニッチ系グルメマンガに注目

1980年代のグルメブームを牽引した『美味しんぼ』など、日本のグルメマンガの歴史は古く、その数も膨大。その時々の時代背景やトレンドを取り入れるなど時代に合わせて進化していますが、最近のグルメマンガの傾向は?

「『ダンジョン飯』(著:九井諒子/KADOKAWA/エンターブレイン)、『異世界居酒屋「のぶ」』(著:ヴァージニア二等兵、原作:蝉川夏哉/KADOKAWA/角川書店)、『空挺ドラゴンズ』(著:桑原太矩/講談社)など、ファンタジー系が充実していますね。また、漫画家のまかないにフォーカスした『めしにしましょう』(著:小林銅蟲/講談社)や、棋士が主人公の『将棋めし』(著:松本渚/KADOKAWA/メディアファクトリー)など、一般の方々にはあまり知られていない業界の方々の食をテーマにした作品も増えてきています」

グルメマンガというと、男性誌が多いイメージですが、ここ最近では女性目線のグルメマンガも増えているそう。

「女性目線のグルメマンガは、恋愛的要素が絡んでくるものが多いのが特徴ですね。最近では『わたしたちはどうかしている』(著:安藤なつみ/講談社)、『Bread & butter』(著:芦原妃名子/集英社)など、飲食店等が舞台になっているような作品が人気ですね。青年誌では『忘却のサチコ』(著:阿部潤/小学館)、『ごほうびごはん』(著:こもとも子/芳文社)など、女性を主人公にしたグルメマンガも多く、女性でも楽しめる作品がたくさんありますよ。また、『良いかげんごはん』(著:たかぎなおこ/オレンジページ)、『おひとりさまのあったか1か月食費2万円生活』(著:おづまりこ/KADOKAWA/メディアファクトリー)など、日常や旅の最中に出会ったグルメを紹介するコミックエッセイもおすすめです」

ミシュラン、燻製、SF、山グルメ……秋に読みたい最旬グルメマンガ5選

それではさっそく、阪田さんおすすめのグルメマンガを5冊ご紹介。ミシュランや山グルメなど、今のグルメシーンをテーマにしたものや、SF系のような前例のないユニークなものまで、グルメマンガの進化に驚くことうけあい!

●エマは星の夢を見る(著:高浜寛著/講談社)

「元・ミシュランガイド調査員の実体験をマンガ化したもの。どのような基準でどんな調査をしているのかなど、なかなか知ることのできない“星のつけ方”が紹介されています。プロの味の表現の仕方も『さすが!』という感じで、大人だからこそ楽しめるグルメマンガだと思います。また、子供の頃から抱いていた“ミシュランガイド調査員になる!”という夢に向かっていく自分と、恋人との関係に悩むエマの姿も、リアリティがあって共感できるという女性も多いのでは」

●山と食欲と私(著:信濃川日出雄/新潮社)

「山でもこんな調理ができるんだ! という新鮮な驚きがいちばんの見どころ。山に関する知識やエピソードも紹介されているので、登山が趣味の方はもちろん、登山に興味がなかった人でも思わず試したくなるはず」

●孤食ロボット(著:岩岡ヒサエ/集英社)

「ほのぼのしたSF×グルメ漫画。単身者限定でプレゼントされる、“食事と健康をサポートするアンドロイド”と人々のふれあいを描いた作品。アンドロイドといえど、可愛らしい子やおせっかいな子、偏屈な子など…色んな性格の子達がいて、こんなアンドロイドだったらほしいな〜と思うはず。心も体もあたたまること間違い無し!」

●いぶり暮らし(著:大島千春/ノース・スターズ・ピクチャーズ)

「燻製が趣味、というカップルのささやかな日常を描いた作品。燻製とひと口にいっても色んな方法があって、使う食材もチーズなどの定番から甘いものまで『こんなものも?!』というものも燻して食べていたりして、ちょっと試したくなります!」

●かしましめし(著:おかざき真里/祥伝社)

「『サプリ』『&』でおなじみの、おかざき真理のグルメ漫画です。28歳、美大出身のちょっとワケありな男女3人が主人公。等身大の人物を描いてきた著者だからこそ描ける不安、傲慢、怒り、悲しみなど、リアリティある心情描写に引き込まれます。どんなことがあっても、仲間と美味しいものを食べれば前向きな気持ちになれる、なれていたんだ……と気づかせてくれる作品です」

「どんな味なのかな?」と想像したり「あ、明日はあれ食べよう」とワクワクしたり。読んでいるだけで美味しいものをお腹いっぱい食べたような、幸せな気分に浸れるのがグルメマンガのいいところ。あなたの舌に合う1冊を見つけて、食欲の秋と読書の秋を思いっきり満喫してくださいね。

記事に関するキーワード:トレンド 10月 エンタメ 食生活 カルチャー
ピックアップアイテム
乾燥する秋の肌作りに欠かせないのは
取材協力 阪田 有加 株式会社トゥ・ディファクト ハイブリッド書店電子書籍プロダクト部

ハイブリッド型総合書店「honto」の電子書籍サイトにてコミック担当を務める。
https://honto.jp/

あなたにオススメの記事