schedule
肌スケジュール

初めてお正月を迎える赤ちゃんへ…新年のご挨拶に贈りたいナチュラルスキンケア

いよいよ2018年もスタート。新しい家族を迎えた友人にご挨拶へ……と予定を立てている人も多いはず。そんなときにふと頭をよぎるのが、「赤ちゃんへのプレゼントって、どんなものがいいのかしら?」。数多くのベビー用品選びのアドバイスをしてきた、All About「ベビー用品」ガイド・田中梨香さんに、安心して使えてママにも喜んでもらえるギフト選びのポイントを教えていただきました。

冬の寒さと乾燥から肌を守る、ナチュラル&シンプルな保湿が◎

ギフトを選ぶ基準はさまざまですが、季節感のあるものを贈ると失敗が少なく喜ばれます。寒さや乾燥が厳しいこの時期は、どんなものを選べばよいのでしょう?

「赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、特に乾燥する今の時期には、あかぎれやおむつかぶれなどにも対応できる保湿作用の高いオイルがおすすめです。また、保湿効果の高いカレンデュラオイルが使われているものは、顔のエイジングケアにも効果があり、ベビーから大人まで使えるので、ひとつあると便利です」(田中さん)

ベビー用スキンケアといっても、種類はさまざま。肌もからだも未成熟で繊細だからこそ、原料や成分にこだわって選びたいもの。

「赤ちゃんの肌の厚さは大人の半分と薄く、バリア機能も低め。角層がしっかりとできあがっていないため、化学物質に対して抵抗力がなく、有害化学物質の経皮吸収率がかなり高くなります。また、臓器も未発達のため、経皮吸収された有害化学物質は肝臓でも代謝されにくく、体内に蓄積。その結果、アレルギー反応や、皮膚障害をおこしやすくなるので、原料や成分には注意が必要です。また、肌が敏感だったり、アトピー気味の子も少なくないので、できるだけ全成分数が少ないシンプルなものが無難。製品の裏に成分表示があるので、必ずチェックしてから購入を。箱に記載されていない場合は、お店の方に中身を出していただききちんと確認しましょう」(田中さん)

※カレンデュラ(カレンドラ)はキク科アレルギーの人は注意が必要です

“肌の変わり目”に合わせて選ぶ、トラブルケア用品も喜ばれるギフトに

生後すぐ、3〜4ヶ月、半年、1年と、赤ちゃんの肌にも変わり目があると言われます。それぞれの時期の肌状態と、起こりやすい肌トラブルを知っておくと、より喜ばれるギフトを選ぶことができます。

「一般的に、生後すぐの時期から生後3ヶ月の間は皮脂の分泌が盛んと言われますが、生後1ヶ月頃になると、肌が急にカサカサして角質が剥がれ落ちる新生児落屑現象が起きることも。やはりナチュラルさと保湿力を重視したアイテムによるケアが大切になります」と田中さん。また、顔や頭皮にかさぶた状の湿疹が出来る「乳児脂漏性湿疹」は生後すぐ~1年までの間に起こりやすいそう。

「こちらも自然と治っていくものですが、赤みや湿疹が酷く、お子さんが掻いてしまう場合もあるので、搔きむしりを防ぐ可愛いミトンを贈るのも良いでしょう。また、頭皮にこびりついたうろこやかさぶたは、馬油やオリーブオイルなどを染み込ませて剥がれやすくしてから、ベビーソープの泡で優しく洗うというケアが必要になってくるので、こうしたアイテムも重宝されますよ」(田中さん)

優しくて心地よいナチュラルなスキンケアは、赤ちゃんにもママにもきっと喜ばれるはず。受け取ったときの顔を思い浮かべながら、ぜひ心を込めて選んでみてくださいね。

ピックアップアイテム
3ヶ月からの赤ちゃんのボディケアにぴったり
取材協力 田中梨香 All About「ベビー用品」ガイド

某大手ベビー用品専門店のスタッフとして7年間勤務。プレママやパパ・ママ向けに、数多くのベビー用品選びのアドバイスをしてきた経験を持つ。2児の母。

あなたにオススメの記事