schedule
肌スケジュール

朝のスキンケアでベースメーク長持ち! 崩れない肌の作り方とは?

記事に関するキーワード:スキンケア 5月 メーク 皮脂

気温の高まりとともに汗や皮脂の分泌がさかんになってくる季節がやってきました。そこで、新たな肌悩みとして浮上してくるのが、日中の肌のべたつきやメークの崩れ…。ベタベタ、ドロドロのメークは不快指数が上がるのはもちろんのこと、見た目の美しさを半減させる原因にも! 実は、この時期よかれと思って実践していたスキンケアに日中のべたつきの原因があったとしたら・・・。いつものスキンケアを少し変えるだけで、1日サラサラのメーク肌が持続するのです。

盛んな皮脂分泌は、肌の乾燥が原因だった!

まだ汗をダラダラとかくほどの暑さではないこの時期、メーク崩れの原因となるのは、ずばり過剰に分泌された皮脂。気温の高まりによってべたつきや皮脂テカが発生している、と考える人も多いと思いますが、現代女性の皮脂テカの原因のほとんどが、実は乾燥によるものなのです!

肌は本来、自らの力でうるおいを維持する力を持っています。そのため、肌内のうるおいが足りないと、「水不足だ! 今ある水をしっかり蓄えなくては!」と、皮脂を分泌させて肌内のうるおいを必死に守ろうとします。この肌の防衛反応が、過剰な皮脂の分泌となって肌表面に表れるのです。べたついたり、メーク崩れの原因になるので皮脂は美肌の敵だと思われがちですが、本来は肌内の水分を逃がさないための“フタ”の役目を果たしているのです。

皮脂テカ防止には肌に“フタ”をすることが必要不可欠!

春から夏にかけては、「べたつくから・・・」とさっぱりタイプのスキンケアに切り替えたり、クリームや乳液などの油分ケアを遠ざけてしまったりはしていませんか?
そもそも肌は水分と油分のバランスが整っている状態が正常です。お手入れでいえば、化粧水などで水分をしっかりと与え、クリームや乳液などの油分で与えた水分が逃げないようにフタをすること。そのために見直してほしいのが、朝の“フタ”アイテムによるお手入れです。
この時期におすすめなのが、水分と油分が好バランスで配合された乳液。お手入れの最後に適量を手になじませ、ハンドプレスするようになじませましょう。クリームに比べて水分量が多いため、肌にすっとなじみ、スキンケア後すぐにメークアップに取りかかれますよ。

サラサラ肌をキープするための朝スキンケアテクニック

化粧水と乳液による水分と油分補給をもっと効果的なものにするためには、お手入れのテクニックも大切です。余分に皮脂が分泌される理由のひとつに、毛穴の開きがあります。コットンに化粧水をたっぷりと含ませ、優しく丁寧にパッティングをしてみましょう。手の甲で肌に触れてみて、ややひんやり感を感じたら水分がきちんと入ったサインです。

また、額や小鼻などのTゾーンのみがテカるという人は、気になる部分にのみ収れん作用のある化粧水を使うのもおすすめ。きちんと水分が浸透した肌は、油分のある乳液をなじませてもべたつくことなく、もっちりとした感触に整うはず。うるおいバランスの整った肌は、少量のファンデーションでも伸びがよく、ぴったりと密着します。

春夏ベースづくりのコツは少量×スポンジ塗り

肌を整えたあとは、もちろんファンデーションの塗り方にも工夫が必要です。午後のドロドロ肌は、ファンデーションの塗り過ぎも要因のひとつ。春夏は、ファンデーションの量は極力少なくするのが崩れてもキレイな見た目をキープするコツです。

ずばりこの時期、ファンデーションを塗るのは、頬の広い部分のみにしてもOK。パッと見たときの肌の印象を司るのは頬まわりだと言われています。そこがつるんと均一に整っていれば、他人の目には美肌印象に写ります。目周りやスポット的なシミなどの悩みは、コンシーラーでカバーし、崩れやすい小鼻や額はスポンジに残ったファンデーションを叩き込むようになじませましょう。叩き込むことで毛穴までもきちんとカバーし、メーク崩れが気にならなくなるはずです。

春夏の“フタ”、乳液はマルチに使える優れもの!

しかし、どんなに頑張って朝のスキンケアに励んでもメーク崩れはさけられないのが本当のところ。崩れてしまったメークは、まずは皮脂をオフすることが先決です。ティッシュや脂取り紙でテカリの気になる部分をおさえ、優しく皮脂オフしましょう。さらに、ミニボトルなどに詰め替えた乳液を、崩れの気になる部分に薄く塗ってティッシュで優しくオフしてみて!乳液の油分とファンデーションの油分が融和し、キレイにメークがオフでき、保湿も完了。上からファンデーションをもう一度塗れば、朝のメークしたてのようなサラサラの肌が手に入りますよ!

記事に関するキーワード:スキンケア 5月 メーク 皮脂
ピックアップアイテム
サラサラなメーク肌を持続させたいならこちら
あなたにオススメの記事