schedule
肌スケジュール

眉を変えるだけで垢抜ける! 新生活にぴったりの眉メークの基本

記事に関するキーワード:トレンド 4月 メーク 印象 新生活

顔の印象をキメる眉。ポイントを押さえてメークすれば、ぐんと垢抜けた印象になります。とはいえ、意外に難しく、悩んでいる人が多いのも事実。お手入れの方法は? どんな眉が今のトレンド? 印象を変えたい時の描き方は? そんな眉メークの基本を、自身のメークセミナーも大好評のヘア&メーキャップアーティストの佐藤美香さんに教えていただきました。「眉を変えれば、なりたい顔になれる」と佐藤さん。さっそくレッスンを始めましょう!

これだけは守って! 眉のお手入れ基本の“き”

旬の顔をつくる眉メークレッスンの前に、これだけは守るべき、眉のお手入れ法の基本を佐藤さんに教えていただきました。佐藤さんが「絶対守って!」と言う基本の“き”は、この3つ!

1.眉カットはメークしてから行う
ノーメイクのままカットすると、ついつい切り過ぎてしまうことに。顔全体のバランスを保つためにも、眉カットはメーク後に行いましょう。

2.刈り過ぎは厳禁、毛並み感を残す
もし、抜いたり剃ったりして毛の長さがない場合は、毛を育てることが先決。毛並み感があったほうが自然でツヤも出ますし、眉パウダーも眉マスカラも色がのりやすく、印象も変えやすくなります。

3.スクリューブラシを必ず用意する
眉メークは毛並みを整えることから始まります。当たり前のことではありますが、スクリューブラシをかならず用意しましょう。毛並みを整えることで、その後のメークもぐんとスムーズになります。

旬の顔をつくるなら、自然なアーチを描いたナチュラル太眉

お手入れの基本を押さえたところで、さっそく眉メークレッスンをスタート。佐藤さんは「今春は“自然なアーチを描いたナチュラル太眉”がおすすめ」とのこと。「眉と目の間をなるべく狭く見せるのが旬の顔をつくるポイントなので、眉の下を描き足して太眉にするのがコツ」なのだそうです。その手順は……

Step1.毛並みを下向きに整える
スクリューブラシで眉頭以外の毛並みを“下”に向けて整えます。こうすることで、眉と目の間が狭く見える、トレンド眉が描きやすくなります。

Step2.眉下にアウトラインを描き、全体を埋める
眉パウダーをブラシにとって、眉の上辺と下辺が平行の太眉になるように、眉下にアウトラインを描きます。そのあと、毛の流れに沿って隙間を埋めていきましょう。眉ブラシをやや立て気味にして使うと、うまく埋められます。基本は眉バウダー使いですが、もし、毛がなくて隙間が埋まらない場合は、眉ペンシルを使ってもOKです。

Step3.眉頭と同じ高さに眉尻を描く
眉頭と同じ高さになるように眉尻を描きます。自然なアーチをつけて眉尻を描き足すと顔に奥行きが出て、小顔効果も期待できます。ただし、眉尻が眉頭より低くならないように注意。眉尻が下がると淋しい印象になってしまいます。長さは、小鼻と目尻をつないだラインの延長線上にしましょう。

完成。

自然な印象でありながら、今っぼさを感じる眉メークが出来上がりました。
トップス スタイリスト私物

明るめの眉マスカラで、ふんわり優しげな印象に

同じ眉の描き方でも、少し明るめの色にするだけで、ふんわり優しい印象に。その場合は、眉毛をコーティングしながら色をつける眉マスカラがおすすめ。さらに、左右の眉頭を少し離すように意識して描くと、より和らいだ印象になります。
ワンピース¥27000/シネクァノン(ストックマン)、イヤリング¥15000/NOJESS

眉頭を寄せた濃いめ眉で、キリッと美人度アップ

キリッとした印象にしたいなら、左右の眉頭を少し内側から描きましょう。ノーズシャドゥにつなげるように描くことで、鼻筋が通ったシャープな顔に。やや濃いめの色を使い、さらに眉の上下にコンシーラーをプラスすると、眉の印象がより強まり、凛とした表情に仕上がります。
トップス スタイリスト私物、イヤリング¥23000、ピアスチャーム¥18000/共にアガット

いかがですか?まさに「眉が変われば、顔が変わる」ですね。自信を持って新生活をスタートさせるためにも、基本の眉メークをマスターしましょう。

問い合わせ
ストックマン ‪03‐3796‐6851‬‬‬‬‬‬‬
NOJESS ‪0800-300-3315‬‬‬‬‬‬‬
アガット ‪0800-300-3314‬‬‬‬‬‬‬

Hair&Make:Mika Sato
Photo:Hidehiro Yamada
Styling:Hitoko Goto
Model: Mai Hokazono
Text:Yoshie Kawahara
Realization:Mika Hatanaka

記事に関するキーワード:トレンド 4月 メーク 印象 新生活
ピックアップアイテム
メーク映えする肌に整えるなら
取材協力 佐藤美香 ヘア&メーキャップアーティスト

都内で美容師を経て資生堂SABFAに入学。卒業後ヘアメークアーティスト山本浩未氏に師事し独立。現在はタレント、フリーアナウンサーのテレビ出演のヘアメークを中心に、広告、雑誌、web撮影、メークセミナー等、様々な分野で活躍中。透明感を引き出す繊細な技術に定評があり、持ち前の明るい人柄には著名人のファンも多い。

あなたにオススメの記事