schedule
肌スケジュール

乾燥するとシミが増える!? 透明肌のためのうるおいレシピ

日焼け止めや美白ケアだけじゃ不十分? うるおい不足でもシミが増える!

初夏の肌悩みといえば、シミやくすみ。日焼け止めや美白コスメを駆使してケアは万全……と思ってしまいがちですが、美容家・深澤亜希さんによると、それだけではシミを防ぎきれない可能性があるそう。一体なぜ?

「紫外線を防ぐことは、季節に関係なくエイジングケアの大前提。美白コスメもシミ対策としてはもちろん有効ですが、それらのケアと同じくらい大切なのが、“保湿”なんです。なぜかというと、肌が乾燥するとバリア機能が落ち、紫外線ダメージを受けやすい状態になって、シミの原因となるメラニンがどんどん作られてしまうから。さらに、乾燥によって肌のターンオーバーが正常に行われなくなると、できたシミが排出されずに肌の中で停滞。濃いシミとなって根付きやすくなるのです」(深澤さん)

そして、乾燥そのものだけでなく、乾燥による刺激もまたシミの原因に。

「乾燥して肌が敏感になると、ちょっとしたことで刺激を受けやすくなります。そうなると、肌は自らを守るためにメラニンを生成。さらにシミが作られやすくなるのです」(深澤さん)

乾燥はあらゆる肌トラブルのもと。まずは基本の保湿からしっかり見直すことが大切なようですね。

シミ発生リスクを減らす快適うるおいケアの極意とは?

ベタつきが苦手な人が快適に肌をうるおすには、何より正しいアイテム選びが重要です。

「洗顔やクレンジングは、脱脂力の強いもので洗うと乾燥を招く原因に。ミルクやクリーム系など肌の潤いを奪いすぎないものが理想的です。反対に、保湿アイテムは油分が少なめの保湿美容液や、みずみずしい保湿ジェルなどを選ぶと、ベタつきを気にせず心地よく肌をうるおすことができます。またメーカーによっては、同じ保湿効果でテクスチャーが軽い夏仕様のものが出ていたりもするので、そういったアイテムを選ぶのもオススメです。どうしても乳液やクリームなど油分の多いアイテムを使いたいときは、塗った後、肌表面を軽くティッシュオフ。肌表面の余分な油分が取れ、ベタつきを防ぐことができますよ」(深澤さん)

洗顔や化粧水など、ふだんなにげなくおこなっているスキンケアルーティンにも落とし穴が。イチから見直すだけで、シミリスクがぐんと減ります。

「保湿ケアをする時は、規定量よりやや多めの量(約1.5倍)を、2〜3回に分けて重ね塗りする“ミルフィーユ塗り”がおすすめです。角層は一度に抱え込めるうるおいの量に限度があるため、一気に大量に塗ることは、肌表面をべたつかせるだけで、じつはあまり意味がありません。1回塗って数秒おいたあと、乾ききらない絶妙なタイミングで丁寧に重ね塗りすることで、浸透が高まり保湿効果がアップします」と深澤さん。

このミルフィーユ塗りは、乾燥が気になる目元や、すでにシミがある部分などには特におすすめの塗り方なのだとか。また、入浴後など肌が温まった状態で行うと、さらに手応えを感じやすくなるそうなので、ぜひお試しを。

角質ケア&抗酸化ケアでシミが居座りにくい肌環境を整備!

肌全体をうるおいでたっぷり満たしたら、シミのもとを追い出し、根付かせないようにするためのスペシャルケアを投入!

「肌をきちんとうるおすだけでもシミはできにくくはなりますが、ここでターンオーバーを促進する角質ケアや抗酸化ケアをプラスするとさらにGOOD。すでに蓄積されたシミのモトが表面化するのを防ぐことができるので、さらに透明感をキープしやすくなりますよ」(深澤さん)

「しっかり保湿すること=ベタつき」ではありません。アイテム選びと丁寧な保湿さえ意識すれば、みずみずしく快適に肌をうるおすことができます。美白ケアも大切ですが、一にも二にもまず保湿。うるおいたっぷりの肌で、透きとおるような美肌を目指しましょう。

text/Naomi Sakai

ピックアップアイテム
肌状態に合わせてローションを使い分けて
取材協力 深澤亜希(ふかさわ あき) 美容家・ビューティスキンスペシャリスト

一般社団法人 日本コスメティック協会認定 スキンケアマイスター。一般社団法人 日本コスメティック協会認定 コスメマイスター。幼少期をタイで過ごし、高校はアメリカへ留学。帰国後、女性誌での美容ライター活動を経て現職へ。書籍の執筆をはじめ、女性誌やWEB、TV、広告、トークイベントへの出演のほか、商品開発のアドバイザーなど幅広く活躍。著書『白ツヤたまご肌のつくりかた シミのできない魔法の美肌ルール40』(三空出版)『人より輝く魔法』(宝島社)なども好評。

あなたにオススメの記事