schedule
肌スケジュール

薄づき塗りがコツ!崩れにくい! 汚く見えない真夏のベースメークお作法

記事に関するキーワード:美肌 スキンケア 8月 メーク 印象 皮脂 化粧くずれ

ちょっと外を歩けば汗だく。女性なら誰もが悩まされる、真夏の化粧くずれ。紫外線もカットしたいし、シミなどの肌悩みもカバーしたい。でも、厚塗りして崩れてしまったメークは誰の目にも見苦しいもの。ヘア&メーキャップアーティストの佐藤美香さんによると「気になる部分を隠しつつ、キレイなメークをキープするには、薄く重ねるのがコツ」なのだそう。これからの季節、かならず役立つベースメークのポイントを教わりましょう!
ワンピース /スタイリスト私物、ピアス¥12000/NOJESS

塗るものはなるべく少なく、なるべく薄づきに

夏に陥りやすいメークの失敗は、ズバリ“厚塗り”。「厚塗りすればするほどムラになりやすく、そこから化粧が崩れていきます。汗をかく季節は、それが汚く見えてしまう原因に。塗るものはなるべく少なく、なるべく薄づきにするのが、夏のベースメークの基本」と佐藤さん。
汗をかくからといって、頻繁に化粧直しして上塗りしていくのも、化粧崩れの原因。「日中崩れないように、朝の仕込みをしっかり」がキレイを保つ秘訣です。

夏のメークは肌をクールダウンしてからスタート

1.化粧水を含ませたコットンパックで肌をクールダウン

「ほてった肌にファンデーションを塗るのは、熱いフライパンにバターをのせるのと同じ」と佐藤さん。まずは、化粧水をたっぷり含ませたコットンで1〜2分パックし、クールダウンさせましょう。
コットンは大きめが扱いやすくて便利。顔型になっているドライタイプのコットンならさらに簡単です。

2.SPF入りの化粧下地を塗る

SPF入りの化粧下地を顔全体、首にまで塗ります。このあとに塗るファンデーションを薄づきにするために、色のついた化粧下地のほうがおすすめ。
指先ではなく、人差し指、中指、薬指の全体を使って、顔全体にのばすのがムラにならないコツ。日焼けしないよう、首への塗布も忘れずに。

3.大きめのスポンジで全体をならす

大きめのスポンジを用意し、全体をならすイメージで化粧下地をのばします。顔は凹凸があるため、手よりスポンジがおすすめ。この方法で二度のばします。。
下地に塗りムラがあると、そこから化粧崩れしていくため、このひと手間がとても大切です。

4.日焼けしやすい部分にファンデーションを塗る

いちばん日焼けしやすい頬骨あたりに、ファンデーションをのせ、指の腹でたたくようにしながらなじませます。ファンデーションは顔全体ではなく、頬骨から目のまわり、鼻など、顔の中心のみに薄く塗るたけでOK。

5.スポンジの角を使って小鼻周りをおさえる

指で塗布するとどうしてもムラになるので、3と同じく大きめのスポンジを使ってのばしましょう。とくに化粧くずれしやすい小鼻まわりは、念入りに。スポンジの角を使って、毛穴を埋めるようなイメージで塗ります。

6.ブラシでフェースパウダーを全体にはたく

大きめのブラシを用意し、SPF入りのフェースパウダーを均一に含ませます。そして、顔の中心から外に向かってはたいきましょう。
パウダーをはたくことで、表面がサラッとして涼しげな仕上がりに。夏は首にもはたいて紫外線をガード。

化粧が落ちたら、上塗りせずに一度オフするのが正解

このように「薄く重ねる」が化粧くずれしにくい夏メークの基本ですが、「それで気になるシミは隠れるの?」と心配する声も。佐藤さんは「シミを完全に隠すのではなく、色のコントラストを薄くする、くらいに考えるのがベター。完全に消そうとすると、どんどん厚塗りになって、結果的にキレイな肌から遠ざかるだけ」とアドバイス。

また、化粧が落ちてしまったら、「ファンデーションを塗った部分に乳液やミルクなど油分があるものを指でなじませ、ティッシュでおさえ、一度ファンデーションを落としましょう。その上から塗り直したほうが、その後のメークも長持ち」なのだそう。仕事の後のデートなど、お出かけのときに役立てたいですね。
夏はいつも使わない大胆な色を試したり、新しいメークに挑戦できる季節。崩れにくいベースで、夏のメークを存分に楽しみましょう!

問い合わせ
NOJESS 0800-300-3315

Hair&Make:Mika Sato
Photo:Shimpei Takumi
Styling:Hiromi Suekane
Model: Beni
Text:Yoshie Kawahara
Realization:Mika Hatanaka

記事に関するキーワード:美肌 スキンケア 8月 メーク 印象 皮脂 化粧くずれ
ピックアップアイテム
薄づきメークの必需品
取材協力 佐藤美香 ヘア&メーキャップアーティスト

都内で美容師を経て資生堂SABFAに入学。卒業後ヘアメークアーティスト山本浩未氏に師事し独立。現在はタレント、フリーアナウンサーのテレビ出演のヘアメークを中心に、広告、雑誌、web撮影、メークセミナー等、様々な分野で活躍中。透明感を引き出す繊細な技術に定評があり、持ち前の明るい人柄には著名人のファンも多い。

あなたにオススメの記事