schedule
肌スケジュール

洗顔でこんなに変わる!? ○○○で洗いながら、うるおい補給

いつものスキンケアではなんだかうるおいが足りなくなってきた……。本格的な秋の到来とともに肌の変化を感じ始める人も多いのでは? そろそろうるおいを“与える”ことだけに終始するのは卒業して、洗うケアを考えてみましょう。洗顔から肌って変わるんです。

気になる肌の乾燥…原因は皮脂の取りすぎかも?

洗顔して、化粧水、美容液、乳液…。毎日欠かさずお手入れしているのに、なんだか肌が乾燥するような…。そんな風に感じるのなら、そろそろ“とりすぎない洗顔”を実践してみませんか?

クレンジングオイルはさっぱりするとか、ポイントメークも一気に落とせるという点が人気ですが、これからの季節、大人の肌には過剰に皮脂をとりすぎてしまうこともあります。特に、脂性肌だと認識している人は、「しっかり落とさなきゃ」と思うばかりに入念に洗顔をしてしまいがちです。自分ではオイリー肌と思っていても、実は肌に油分が足りていないために、肌自らが油分となる皮脂を分泌していることも…。まずは洗顔をする際にこすりすぎていないか、熱いお湯などで洗っていないかをチェックしてみましょう。

ミルククレンジングで取りすぎない洗顔を

秋冬の洗顔アイテムとして、取り入れてほしいのがミルクタイプのクレンジング剤です。オイルタイプのクレンジング剤に比べ、厚みのあるテクスチャーのため、「洗顔はパパッと終わらせたいからつい、力を入れ過ぎてしまう」なんて人や、ナチュラルメイクの人には特にオススメ。

メークとクレンジング剤を乳化させるようなイメージで、ゆっくりやさしくマッサージするのを習慣化するようにしましょう。また、肌への摩擦負担を減らすため、適量をしっかり守り、ミルクのベールでメークオフする意識も大切です。

こんなに使える!クレンジングミルク

毎日のメーク落としに使うのはもちろんですが、肌当たりの優しいミルクタイプのクレンジング剤は、アイデア次第でいろいろな使い方ができるから、お手入れを楽しく継続したい人にもオススメです。
ミルククレンジングは、一般的に洗い流すことと拭き取ること、ふたつの方法でメークオフをすることができるアイテム。そのふたつのアプローチ方法を活用して、洗顔でうるおい補給をするスキンケアを楽しんでくださいね!

●ベタつく時は+ローションでさっぱりメークオフ
オイルクレンジングで得られるすっきり感に慣れてしまっている人は、ミルククレンジングの洗い上がりのしっとり感が気になってしまうかもしれません。そんな時は、ローションを染み込ませたコットンやティッシュなどで洗い上がりの肌をふき取ってみてください。表面はさっぱりしているのに、内側はもっちりとした肌が手に入りますよ。

●「+蒸しタオル」で週末スペシャルケア
肌が疲れている時などにオススメなのが、この方法。夜、お風呂に浸かった際にクレンジングミルクでメークオフ。いつもよりも多めに量をとり、くるくるとなじませながらマッサージ。なじませ終えたら、蒸しタオル(蒸しタオルを作るのが面倒な場合は、熱めのお湯でタオルを濡らして、軽く絞りましょう)を顔に乗せてしばらく放置してふき取ります。メーク汚れはスッキリ落ちるのに肌はふかふかするのを実感できるはず!

●朝の洗顔に取り入れる
疲れ果てて夜のスキンケアをしないで寝てしまった…。忙しく働く現代女性には、そんな日もあるはず。そんなときにオススメなのが、朝の洗顔にクレンジングミルクを取り入れる方法です。石鹸や洗顔フォームで洗顔→洗い流しをする代わりに、クレンジングミルクで肌をやさしくマッサージし、ローションや水で湿らせたコットンでやさしく拭き取って朝の洗顔完了! 寝ている間に出た余分な皮脂はしっかりオフするのにうるおいは取りすぎないので、朝の肌がふっくら元気に。

●肌が疲れているときは、吸い取りメークオフで肌をいたわる
生理前など、肌の調子がイマイチ。だけど日中のメークは欠かせない。そんな肌がデリケートに傾いているときのメークオフにもクレンジングミルクは効果的です。いつも通りに夜のメークオフの際に顔全体になじませた後、ティッシュや大判のコットンを刺激の少ないローションなどで湿らせ、顔になじませたクレンジング剤を吸い取るようなイメージでオフしましょう。右半顔、左半顔と吸い取り、小鼻や額周りなど細かい部分は、特に念入りに。ポイントは、こすらないこと。この方法は、秋の花粉などで肌が赤くなってしまったときなどにもオススメです。

このように、クレンジングミルクは多様な使い方が魅力でもあるもの。自分の肌を見極めるきっかけにもなるアイテムなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

ピックアップアイテム
あなたにオススメの記事