schedule
季節と肌

その方法って本当に効果的? 間違いだらけの紫外線対策を今すぐ見直し

紫外線がシミ・たるみ・乾燥など、肌へダメージを与えることは広く知られている事実です。健やかな美肌を保つため、日々紫外線対策に抜かりのない女性は多いでしょう。しかし、間違った対策で無駄な努力を重ねていたり、完璧だと思ったはずがうっかり日焼けしてしまった!なんて事態を経験した人も中にはいますよね。さらに、受けてしまったダメージは最小限に抑えたいと思うのが女心です。

日射しが強くなる季節を前に、紫外線対策・日焼け後のケア・有効グッズをご紹介します。季節の変化に動じない美肌をキープするためにも、本気の紫外線対策を始めませんか?


油断禁物! 紫外線は年間通して対策を

そもそも紫外線には波長の長さが違うUV-A・UV-B・UV-Cの3種類があります。そのうち、地上に届き私たちの肌に影響を及ぼすものは、ハリや弾力に大切なコラーゲン線維やエラスチン線維を破壊するUV-A、肌表面に発生した活性酸素が過剰なメラニン色素をつくりだすUV-Bの2つ。

年間の紫外線量は5〜8月がピークですが、12〜2月の冬季や雨季であってもUV-Aは季節による変動が少なく常に降り注いでいます。さらに、秋冬は紫外線量が多少減少するといっても、夏に比べて太陽の位置が低くなるため、額~両頬といった顔全体に紫外線が広く当たるようになります。ゲレンデなど標高の高い位置では紫外線量がアップするため、ウィンタースポーツを楽しむ際も油断は禁物。

紫外線を長年にわたって浴びることで、シミやそばかすの原因となるメラニン色素が過剰に生成されてしまいます。肌に蓄積的なダメージを与えないために、年間通して対策を心がけて。

紫外線でダメージを受けた肌のアフターケア

夏場はビーチで楽しく健康的に、太陽の光を浴びてバカンスを満喫したいものですよね。。過度に紫外線を恐れる必要はなく、浴びてしまった紫外線には正しいアフターケアを施せば大丈夫!

まずは鎮静を!

陽射しをたっぷり浴びた肌は軽いやけどのように炎症を起こしている状態のため、まずは出来るだけ早く肌を冷やしてあげて。冷たいシートマスクや水で濡らしたタオルで、肌を鎮静さえて炎症を抑える事が先決。

健やかな美肌を保つためには紫外線対策だけでなく、乾燥や冷えによる血流の低下にも目を向けて。血行不良は顔色を悪く見せ、肌トラブルを招きやすくなってしまいます。気温が下がる冬場は半身浴などで身体を温めて、しっかり化粧水で水分補給、美容液・乳液で保湿ケアを。

からだの中から美肌ケア

スキンケアに加え、インナーケアで美肌を内側からサポートするのもいいでしょう。皮膚や粘膜を健康に保つといわれるビタミンAは、海藻やほうれん草に豊富に含まれています。美肌成分のエースといわれるビタミンCは、アセロラ、キウイ、パプリカなどで摂取を。抗酸化作用のあるビタミンEはビタミンCと組み合わせると相乗効果が期待できるので、豆類やアーモンドなどを一緒に食べるのがオススメ。

紫外線対策に有効なグッズは?

紫外線対策として日傘や帽子を新調する人は、紫外線を含めた光を徹底的にカットできる「遮光100%」と表記されたアイテムがベター。衣服、サングラスなどその他の対策グッズに関しても、白か黒か色で決めるよりも「紫外線カット」の工夫が施されたアイテムの方が効果を発揮してくれます。

肌が露出している部分には、日焼け止めをきちんと塗って防御を。朝一度塗っただけで満足せず、できるだけ2〜3時間おきに塗り直し、効果を持続させるのが大切。日焼け止めの選び方としては、SPFやPAといった数値が高いほど紫外線をカットする持続や時間や効果が長いものの、製品によってはやや肌に刺激が強いものもあります。日常生活なら「SPF30・PA++」程度でも十分紫外線対策として有効です。長時間の外出や野外でスポーツを楽しむ時には「SPF50・PA++++」程度の防御力が高いアイテムに切り替えて、可能な限り紫外線をカット!未来の美肌を守るため、今から紫外線対策とお手入れ法を取り入れてみてくださいね。

ピックアップアイテム
紫外線対策に有効なアイテムはこちら