aging
エイジングケア

40代女性は肌年齢に応じたケアを! 肌本来の美しさを引き出すスキンケア方法

決してスキンケアの手を抜いているわけではなくても、肌に変化が現れる40代。毛穴・シミ・シワ・たるみが目立つようになり、加齢を実感する瞬間を、アラフォー女性は味わうものですよね。老けた印象の肌を見て落ち込まなくても大丈夫。加齢は止められなくても、肌悩みはケア・対策次第で解消できるものです!アラフォー世代が抱える肌悩みに対応するために、まずは原因を追求して、適したスキンケアとメークアップを見直してみてください。いくつになっても自信の持てる美肌を目指して今日から改善を!


40代に多い肌悩みとその原因

アラフォー女性の肌に現れる変化は、遺伝や生活習慣によって人それぞれ。最も多い肌悩み4つの例とその原因をご紹介します。

毛穴

年齢を重ねるごとに女性ホルモンの分泌量は年々減少し、バランスを崩しやすくなってしまいます。特に40代に突入すると、“美のホルモン”と呼ばれるエストロゲンが急減し、皮脂の分泌が増えて毛穴に汚れが蓄積されて目立ちやすくなるため、毛穴悩みを引き起こすのです。

シミ

シミの主な原因は乾燥や紫外線。アラフォーは肌のターンオーバー(新陳代謝)が急激に低下する年代ということも重なり、長年蓄積されたダメージが肌にシミという形で姿を現すのです。濃く大きくなるシミは、長年のツケと言えるのかもしれません。

たるみ・シワ

弾力のあるピーンと張った肌を支えているのは、体内にあるコラーゲンやセラミドといった成分。しかし、これらはホルモンバランスの乱れや加齢によって減少し、肌はハリを失いたるみやシワを招いてしまいます。

重要なのは“基本”のスキンケア

基本的なケア方法の見直し

アラフォーが気を付けるべきケア手順のポイントとしては、まず洗顔時はこすり過ぎて肌に刺激を与えないこと。押すだけでふんわりとした泡が出るポンプ式フォームタイプの洗顔料で、肌への摩擦を抑えながら汚れを優しく落とすよう意識してみて。

化粧水はコットンでこするように拭いたり、強くパッティングするのは刺激になるので、優しく押し込むよう意識してみてくださいね。アラフォー女性には乾燥から肌を守る、しっとりまろやかな化粧水がオススメ。皮脂量過多が原因である毛穴悩みには、皮脂バランスを整えるサラサラ化粧水で肌をさっぱりと整えましょう。

たるみ・シワには集中保湿美容液をプラスして、肌に潤いを与えてしっとりやわらかに保てるよう心がけを。目元の小じわにはアイクリームで集中ケア!

最後のステップである乳液・クリームは、うるおいバリアが低下したアラフォー女性の肌を保護してくれるものを選んで保湿ケアを徹底しましょう。刺激を与えないように、優しく馴染ませてくださいね。

エイジングケアの意味とは? いつから必要なの?

40代からは、若返りではなく“肌年齢に応じた本来の美しさ”を引き出すエイジングケアの概念を意識してみてください。30代から始める人も多いですが、肌サインが出てから始めても手遅れではありませんよ。エイジングケアで最も心得ておきたいのは、基礎的なスキンケアを丁寧に行うということ。

エイジングケアは、体の内側からのケアも意識してみてください。高脂質・高糖質な食事は皮脂の分泌を加速させる要因となります。野菜中心の健康的な食生活や良質な睡眠、規則的な生活スタイルへと見直してみましょう。

今すぐ肌をキレイに見せたい!悩みをカバーするメークアップ術

コンシーラーの使い方をマスター!

シミ悩みを抱えている人は、コンシーラーを使ってピンポイントで隠しましょう。ファンデーションで厚塗りしてしまうと逆効果です。コンシーラーはファンデーションに近い色を選ぶことで、肌に馴染みやすく、塗った部分だけが白浮きしてしまうのを避けられます。もしもベージュ系コンシーラーだけで消えない濃い茶色のシミであれば、少しピンク系コンシーラーを混ぜることで肌色に近づけることができます。伸ばすのではなくシミの上に軽く置いて優しく叩きこんで塗れば、よく馴染みます。

毛穴は下地でカバー

毛穴悩みには、専用下地でしっかりカバー。毛穴補正効果がある下地を指にとり、小鼻やTゾーンなど、毛穴の開きやテカリが気になる部分にくるくるとすりこむようになじませます。中心部に塗るだけでも肌全体をキレイに見せることができます。

保湿コスメでうるおい補給

シワや乾燥は、保湿系のコスメでもうるおい補給しましょう。保湿成分を多く含む下地やクリームファンデーション、BBクリームを選んで、肌への負担を最大限に減らすことを意識してみてくださいね。

ピックアップアイテム
40代女性のオススメの基礎化粧品はこちら