aging
エイジングケア

ここで差がつく! 50代女性のスキンケア&エイジングケア講座

年齢を重ねるごとに、ホルモンバランスの変化などによって肌老化が顕著になります。急激な変化を迎える50代では、肌のハリが失われ、たるみを感じたり。今まで気にならなかったシワや毛穴が目立つようになり、シミもなんだか濃く大きくなった気が…。鏡を見る度、深刻化する肌悩みを抱えている50代女性は少なくないはず。

変化する肌に対応するため、年齢に応じたエイジングケアを始めてみては? 今回は美容エディター&ライターの藤井 優美さんに、肌悩み別50代女性のスキンケア&エイジングケアのポイントを伺いました。


要チェック! 50代肌悩み別スキンケアのポイント

ハリのある弾力肌を取り戻す

「年齢を重ねることで肌奥の構造(コラーゲンの変性やエラスチンの減少など)がゆるむため、地盤沈下を起こしてハリ感がダウン」してしまうのだと、原因を教えてくれた藤井さん。さらに、肌の弾力の低下により、たるみやシワなどのエイジングサインを引き起こしてしまいます。弾力肌を取り戻すための、スキンケアのポイントとは?

潤いアップが弾力肌への近道

「たっぷりと保湿し、肌表面の潤い感を上げること。こうすると、キメが整い、ツヤと同時に透明感が上がるためハリのある肌に見えます」。ハリのある弾力肌を取り戻すためには、とにかく肌を乾燥させないことが大切なよう。

気になるシワ&たるみには集中ケア

見た目年齢を左右するシワ&たるみは、一日でも早く解消したいですよね。50代の肌には、化粧水の前にワンステップ追加すると効果的だとか。

化粧水の前にブースターを追加

「年齢とともに化粧水の肌への浸透が悪くなっていくので、ブースター(導入美容液)を使うのがオススメ。洗顔後すぐ、乾きやすい頬を中心に、目元や口周りを指の腹を使ってしっかり塗布して。年齢が出やすい目頭や目尻は入念に。さらに口角や唇の上下も塗り忘れることのないように! その後、コラーゲンへアプローチする化粧水を。じっくりと肌になじんでいくのを感じられるはず」

顔の印象を決める毛穴へのケア

年齢とともに気になってくる毛穴はまさにエイジングが原因だと、藤井さんは教えてくれます。「疲れた日の夕方、寝不足の朝など毛穴が開いて見える時、まさにそれがエイジングサイン。50代はターンオーバーのリズムが遅れ、本来剥がれ落ちるべき角層が肌に居座ることで肌がゴワついたり、ザラついたり。この状態の肌はより毛穴が目立ちやすい状態に」。毛穴に悩むなら、スキンケアを選ぶ2つのポイントをチェック!

便利な拭き取り用角層ケアアイテムを活用

「古い角層をオフし、ターンオーバーのリズムを整えるために、角層ケアアイテムを投入。敏感肌でも毎日使える拭き取り用角層ケアがオススメ。コットンにたっぷりと含ませ、毛穴が気になる部分に10秒ほど置いてから、頬や小鼻、眉間、あご下などを優しくクルクルとオフ」。この方法なら肌ダメージを軽減しつつ、余分な角層を除去してスッキリ毛穴へ導けそう。

弾力アップ効果のある美容液を! 塗布する時は体勢も意識して

「とくに弾力アップやリフトアップ効果のある美容液を選んで。美容液は化粧水で保水した後の方が浸透しやすいので、化粧水をたっぷりと浸透させることが大切。美容液を塗る時は、顔を上げ気味にし、内側から斜め上へ手を動かして、リフトアップを意識して塗るとより効果的です」

見た目年齢を左右!? 50代の目もとケア

溝部分への集中ケアでシワ解消

「シワであれば、やはり医薬部外品のシワケア専用の美容液かクリームがオススメ」と藤井さん。「力の入りにくい中指の腹を使って、シワに対して垂直になじませます。シワの溝部分にもしっかりとなじむよう、指の腹でシワ部分の皮膚をのばしながら、もう一方の手の指でクリームを優しくなじませて」

顔の皮膚全体を引き上げてたるみ解消

「残念ながら、目周りのたるみはエイジングが結構進行してしまっている状態。解消するためには、目周りだけでなく、額、頭皮までケアして、顔の皮膚を引き上げることを意識してみて」。エイジングケアに効果的な頭皮マッサージの方法について、下記を参照に行なってみてくださいね。

目もと専用クリームの塗り方にもひと工夫を。「指先に取ったアイクリームを目頭下、黒目の下、目尻側(ここを少し多めに)、まぶたの上に2か所置きます。目の下の目頭から目尻に向かって、その後、上まぶたの目頭から目尻へスーッと伸ばします。皮膚が強く引っ張られないよう反対の手でこめかみ部分を軽く押さえるのがポイント。また、目の下のたるみ(ゴルゴライン)は自分が思っているアイゾーンより広め。小鼻横あたりまでがアイゾーンと思ってアイクリームを重ねてください」。

意外だけど効果的! プロが教えるスキンケアTIPS

年齢に応じたエイジングケアは肌の変化を感じ取り、対話するような気持ちで向き合うことが大切。肌が欲する栄養、必要なケアを、じっくり時間をかけて対応することで自信の持てる美肌が手に入るはず。

効果絶大な頭皮マッサージ

エイジングケアといえば顔にばかり着目してしまいがちですが、一枚皮で繋がった頭皮ケアが効果的だとか。「頭皮が硬くなることで顔の皮膚の柔軟性が失われ、額のシワ、目もとのたるみ、ほうれい線、輪郭のゆるみなど、全体的なエイジングサインが顕著になります」と藤井さん。シャンプー時に意識して頭皮をもみほぐすのは一般的な方法ですが、「頭皮美容液できっちりほぐすと一層効果が得られます」とエイジングケアに適したケアを指南してくれました。

「まず弾力性のあるクッションブラシで頭皮をマッサージがてらブラッシング。次に専用美容液をまんべんなく塗布し、髪の生え際から上へ、指の腹で少し圧を加えるようにマッサージ。特に額の生え際、耳の上は老廃物が詰まりやすいので重点的にほぐすつもりで。また、加齢臭は後頭部下、首の付け根当たりから匂うこともあるので、ここも意識して触れるように。その後は普通にシャンプーを。顔のリフトアップ、育毛、ニオイ対策まででき、頭皮ケアはまさに一石三鳥なケアです」

ホットタオル洗顔で肌の透明感アップ

毛穴の奥に詰まった汚れを落とす化粧品の浸透を高めるには、ホットタオルで毛穴を開けてから洗顔する方法が最適のようです。「濡らしたタオルを電子レンジにかけるか、お湯でホットタオルを作り、顔の上に置きスチームをかけた状態に。2度同じことを繰り返したら、最後にタオルで小鼻や眉間などの細かい部分を拭き、さらに耳を包み込む。このホットタオル洗顔によって、温熱&リンパ促進効果で肌の透明感がアップします」

スキンケアの使用量は部位によってコントロール

高価なスキンケアの場合、無駄にしたくないという思いから1回の使用量を抑えてしまいがちですが、藤井さんは、特に夜のスキンケアは多めに塗布することを推奨しています。「朝の洗顔時に『肌表面がサラリとしている』ようなら量が足りなかった証拠。逆にベタつきを感じるのであれば、次回からその部分の使用量は少なくしてOK。スキンケアは『顔全体均一につけないといけない』と思っている方が多いのですが、乾燥するところは多めに、ベタつくところは少なく、というように量をコントロールするのが大切。肌は毎日状態が違うので、そのときどきの肌状態を必ず確認し、ルーティーンではないスキンケアを」

ピックアップアイテム
50代の肌悩みに対応する、エイジングケアアイテム
取材協力 藤井 優美

美容業界歴25年以上。美容専門編集プロダクション「dis-moi」主宰。美容専門誌、女性誌の美容記事の企画・制作・執筆をはじめ、コメンテーターやアドバイザー、セミナー講師として活動。元エステティシャンという経歴を生かし、コスメ開発やエステアドバイスも行う。