france
フランス便り

おしゃれのヒントは街にある!パリジェンヌの秋おしゃれスナップ vol.4

Bon jour !
みなさんこんにちは。日本はすっかり秋の空模様でしょうか。今年のパリはまだまだ暑く、日差しの強い日が続いているのですが、ファッションに敏感なパリの装いはすっかり秋モード。早速、この秋のパリジェンヌたちのおしゃれを探ってみました。

涼しく見せるために夏の白は定番ですが、秋に白はおしゃれに自信があってこそ。冬のオールホワイトのコーディネートも雪を連想させてパリジェンヌに人気のおしゃれです。彼女はアイボリーに近い白を選び、ボリューム出しているので、暖かな日差しの今の季節でも柔らかな印象。秋らしいポーチも素敵です。

スニーカー×レザーのライダースジャケットは、カジュアルになりやすい組み合わせですが、Vカラーの革ジャンと柔らか素材の幅広パンツ、チェーンバッグでフェミニンさを演出しています。

続いてはパリのカップルたちのコーディネート。カップルコーデというとペアルックをつい想像してしまいがちですが(笑)、アートスクールに通うふたり(写真右)のように、パリの人たちは同系色でまとめることでふたりらしさを上手に演出しています。
左のふたりは、彼の白いTシャツとスニーカーがふたりの爽やかさ、フレッシュさを上手に引き出しています。

(写真右)こちらのカップルはふたりともネイビーとブルー、ホワイトの3色でまとめています。彼らのような、リネンなどを取り入れたリラックスな装いは、最近のパリのトレンド。彼のようなあご周りのヒゲと彼女のグラデーションカラーのボブヘアは、この数年のパリっ子たちの定番です。

ブロンドヘアが素敵なマダムは、ヴァカンスで日焼けした肌とブロンドのヘアにカーキとベージュだけでコーディネート。膝が出る着丈のスカートも上品に着こなす姿は、ご自分をよく知っているマダムならではのコーディネート。

ラストは、いかにもデザイン業界という感じのマダム。パリの大人マダムは、本当にかっこいい方が多いのです。彼女は、マルジェラの白シャツにベルルッティーのグリーンの靴。靴紐を付け替えてオリジナリティを出しているそう。

ピックアップアイテム
カサつきが気になる季節の必需品
取材協力 YOLLIKO SAITO 写真家

日本大学芸術学部写真学科卒業。広告制作会社勤務後フリーになる。現在、パリを基点としてヨーロッパ、アフリカなどで活躍。日本の女性誌、書籍、広告の他にアート作品の写真展をパリ、ベルリン、銀座で定期的に開催。ビオ、自然食、自然治療にも関心が強く、自他ともに認める「健康マニア」。自宅で栽培しているオーガニックハーブを使った料理をもてなしたり、ナチュラル・オーガニックコスメなどの美容情報にも精通。

あなたにオススメの記事