exercise
簡単エクササイズ

疲れた体をリセット! 季節の朝ヨガでエナジーアップ

「過ごしやすい季節になり始めたのに、どうも調子が上がらない」……そんな症状はありませんか? 体のよどみをヨガのポーズでクリアにして、行楽の秋を満喫する準備を整えましょう!

ヨガといえばこのポーズ! 三角のポーズで内臓を活性化

夏終わりは自分でも気づかないうちに疲労がたまっているもの。暑さによる疲れだけでなく、冷たい食べ物の取り過ぎや、室内と屋外との気温の格差により内臓が冷えてしまい、動きが鈍くなっている可能性も。

こんなときにオススメなヨガが、「ウティッタ・トリコナーサナ」と呼ばれるポーズヨガの代表的な三角のポーズです。下半身を大地につけるようなイメージでどっしりと構え、太ももや足首のストレッチと強化に効果的です。下半身を使いながら胸や背骨をストレッチしていくので、お腹まわりの強化にも繋がり、消化機能の改善効果も期待できます」と教えてくれたのは、ヨガインストラクターの齋藤りょう子さん。「体を大きく伸ばすポーズなので、ストレス緩和にも効果的です」

ウエストシェイプにも効く! 三角のポーズに挑戦

肩幅よりも大きく足を開くのがポイント。左足はマットの前面に向けて、右足はマットのへりと平行になるようにポジションをとる。

(1) まずは両足を大きく開いて立つ。足の指をしっかり広げて、足の裏全体で地面をつかむようなイメージで。片方の足はつま先を前に向けて立ち、もう一方は体と平行になるようにする。マットや床の目地を目安にするのがおすすめ。手は腰に軽く添える。肩に力が入らないよう、リラックス。

ゆっくりと息を吐きながら、骨盤から上体を曲げるようにするのがポイント。左足にだけ重心がかかりやすいので、後ろに伸ばした右足でも地面をしっかりとらえるよう意識して。

(2) 息を吐きながら左に出した足のほうへ、上半身を倒す。腰を曲げるのではなく、骨盤から傾けるようなイメージで。右側の脇腹だけでなく、曲げた方の左側の脇腹も伸ばすように意識する。

左手を床につけるのが難しければ、すね~足首をつかんでもOK。呼吸がとまりやすいので、ゆっくりと吸って吐いてを繰り返して。

(3)左手を床につけ、右手を腰から離す。ゆっくりと天井へ向けて右手を伸ばしていく。顔は天井へ向けた手を見るように傾け、視線は指先を見るように。ゆっくり呼吸をして10秒ほどキープ。ゆっくりと足と手を戻し、反対側も同様に。

取材協力 斎藤 りょう子(さいとう りょうこ) ヨガインストラクター

IHTA認定ヨガインストラクター2級、リストラティブヨガ指導者養成 修了(Leza Lowitz, Sun and Moon)、日本アロマ環境検定1級、YMCメディカルトレーナーズスクールヨガインストラクターモデル、HuggerMuggerアンバサダー。心も体も自分で整え、癒せるヨガの魅力に感動し、ヨガを学びインストラクターとして活動をはじめる。アロマテラピーや様々な流派のヨガを学び、スタイルにとらわれない日々の生活に活かせるヨガを提案中。

あなたにオススメの記事