recipe
キレイのレシピ

フランスの家庭料理 白いんげん豆と野菜のスープでデトックス

記事に関するキーワード:美肌 健康管理 簡単 旬レシピ 10月

白いんげん豆の主成分は糖質とタンパク質。食物繊維も豊富で、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛といったミネラル分もしっかり含まれているので、美肌につながる便秘解消や、むくみ予防にもぴったりの素材です。

少し前から白いんげん豆に含まれる“ファセオリン”という成分がダイエットに効果があると注目されています。ただファセオリンは十分な加熱が必要なのと、かなりの量を摂取しなくてはならないそう。白いんげん豆だけでダイエットを成功させるのは、少し大変そうですね。無理せずおいしく食べて、“キレイ”を目指しましょう!

白いんげん豆と野菜のスープ煮  2人分

白いんげん豆(乾燥)・・・70g
塩・・・小さじ1/4
ローリエ・・・1枚

ベーコン・・・2枚
セロリ・・・1/3本
人参・・・小さめ1/2本
塩、コショウ・・・少々

(1)白いんげん豆は優しく洗ってたっぷりの水に5~8時間漬けて戻す。

(2)(1)の水を捨て、新たに400ccの水と塩、ローリエ1枚と一緒に鍋に入れ中火にかける。沸騰したら弱火にして、30~40分、白いんげん豆が柔らかくなるまで茹でる。

(3)野菜は全て1センチ程度の角切りにする。ベーコンも1センチ角に。

(4)フライパンにオリーブオイルを熱し(3)をしんなりするまで炒める。(2)の鍋に加え10分ほど煮て塩コショウで味を調える。

(5)器に盛り付け、上からパセリのみじん切りとオリーブオイル少々(分量外)をかける。

text: Keiko Eguchi
photo: Hidehiro Yamada

記事に関するキーワード:美肌 健康管理 簡単 旬レシピ 10月
ピックアップアイテム
肌もシンプルケアでデトックス
取材協力 江口 恵子(えぐち けいこ) インテリア&フードスタイリスト

「pen」「オレンジぺージ」「saita」他女性人気雑誌をはじめ、広告、Web等でインテリアから料理まで、暮らしまわりのスタイリングと提案を行う。ケータリング、予約制カフェ・レストラン、料理教室を柱とした“ナチュラルフードクッキング”を主宰し、幅広く活躍中。

あなたにオススメの記事