recipe
キレイのレシピ

夏バテになってしまったら…冷汁風そうめんで、食欲アップ

記事に関するキーワード:旬レシピ 7月 疲労回復 むくみ

茄子は低たんぱく、低カロリー。ビタミン類も他の野菜に比べると少な目ですが、水分量が多く、体の熱を取ってのぼせを防いだり、真夏の暑い時期には体を冷やしてくれます。

また、主に皮に多く含まれるアントシアニンは、天然色素であるポリフェノールの一種で、抗酸化効果や眼精疲労を防いでくれます。水などの水分だけでなく、野菜や果物からの方が体は水分を吸収しやすいので、水分補給と体の火照りやのぼせを取るためにも、茄子をたっぷり料理に使ってみてください。

冷汁風そうめん 2人分 20分

茄子・・・1/2本
きゅうり・・・1/2本
みょうが・・・1/2本
大葉・・・3枚

米味噌、白練りごま、白ごま・・・各大さじ1

そうめん・・・2束

(1)茄子ときゅうりは洗ってから薄切りにし、塩少々を振って軽くもんで15分ほどおく。
(2)すり鉢で白ごまをする。練りごま、米味噌を加えて滑らかなになるまでよくすり混ぜたら、アルミホイルに薄く塗ってオーブントースターかグリルで軽く焦げ色がつくまで焼く。
(3)(2)を再びすり鉢に戻し、ペースト状に練ったら、水60ccを加えて溶かす。
(4)(3)に軽く水気を絞った(1)の野菜と細かく刻んだみょうが、細切りにした大葉を加えてひとまぜする。
(5)ゆでたそうめんを器に盛り、上からたっぷりと(4)を注ぐ。

text: Keiko Eguchi
photo: Hidehiro Yamada

記事に関するキーワード:旬レシピ 7月 疲労回復 むくみ
取材協力 江口 恵子(えぐち けいこ) インテリア&フードスタイリスト

「pen」「オレンジぺージ」「saita」他女性人気雑誌をはじめ、広告、Web等でインテリアから料理まで、暮らしまわりのスタイリングと提案を行う。ケータリング、予約制カフェ・レストラン、料理教室を柱とした“ナチュラルフードクッキング”を主宰し、幅広く活躍中。

あなたにオススメの記事